2021年11月01日

水道メーターBOXの破損 その2

メーターボックスの破損対策としてフタの上に溶接した鉄板を被せることになった。
縞(しま)鋼板は滑り止めが表面に突起しているのでこれを選びます。
DSC_0172.JPG

この縞鋼板は厚さが5mm程度あるので200Vのアーク溶接機を使い製作する。
DSC_0201 (2).JPG

製作中の水道メーターボックス用の鉄板ガード
DSC_0174.JPG
縁は傾斜角と沈下止めの溶接加工をして、その後サビ止め塗装で完成。
車が乗りあげるので接続部は点付けではなく両面全溶接になる。


posted by sumikawa_bird at 11:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。