2021年11月27日

屋外の散水栓は地面との境目が腐る!

苫小牧近郊の30年以上経つ家の主な散水栓は大半が鉄製です。
本来、屋内の水抜き栓に使用されていたものを屋外に埋設したものです。
誰でもわかる通り、土の中に鉄をそのまま埋めると錆びて腐食します。

DSC_0229 (2).JPG
散水栓と呼ばれるものは、給水管と水抜き栓の2本で一組です。
給水管側には、凍結したときにお湯注入のために塩ビ管が一緒に埋めて
あるので錆びるのは大抵、水抜き栓側です。

DSC_0230 (2).JPG

防蝕の処理(防蝕テープ巻き、錆止め塗装など)をしているお宅は
30年経っても大抵は大丈夫なのですが。(錆びても表面だけ)

そこでふと数十年前の職人さん達の合言葉を思い出した。
「その頃はもう時効だべ」・・・確かに!ふらふら

RX2_02.jpg
現在の散水栓は水落とし機能が一体化して「散水栓柱」と呼ばれています。
ステンレス製なので安心です。


【水道工事の最新記事】
posted by sumikawa_bird at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189141631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック