2022年01月20日

懐かしい!バルカンストーブ

先日お客さんの家で30数年前のVULCANストーブを「発見」した。
当時「暖かいストーブ」の代名詞とも言える売れ筋ストーブだった。
豪州からの輸入品で灯油の消費量が半端ない大型の煙突式ストーブでした。
※後に他メーカーのFF式の普及で姿を消していった。
03162.JPG

当時は気密性の高い住宅が少なく家が寒かったが、その反面灯油が安かった。
たしか灯油の値段がリッター当たり38円位だったと記憶している。
ホームタンクを満タンにしても2万円以下であった。
そんな訳で石油ストーブはガンガン焚きました。
道産子の悪い癖で家の中では「薄着」ですけどね!困ったものです。

VULCANの初期型は四方を耐火レンガで囲うマントルピース(埋込型)が流行だった。
これが実に優雅で高級感があり、ゆらゆらと燃える様は北欧圏の家にいる感覚だった。
※北欧圏に行ったことないですけど。わーい(嬉しい顔)

尚、この写真のVULCANストーブは日本製の後期型で部屋の隅に置けるようになった。
これも燃えると、結構高級感があります。


posted by sumikawa_bird at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 暖房関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189283082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック