2022年04月25日

ウーン!と唸る修理。

床下でシャーという音が聞こえる。
こんなお電話があり、訪問しました。

床下に入り状況を見ると、配管継手のねじ込みが浅いように見える。
手で触れてみるとポロっと縦の配管が外れて宙ぶらりんになった。
浅いと言うよりも、そもそも工具でねじ込んでいない。
保温筒も外したまま巻いていないし。むかっ(怒り)

DSC_1267 (2).JPG

聞けば去年、この箇所は他の業者に修理してもらい修理代も払ったそうだ。
それにしても、このような仕事で代金を受け取り帰って行くのが凄いな。

と言う、どーしょうもないお話でございました。


posted by sumikawa_bird at 12:01| Comment(0) | 水道工事

2021年11月27日

屋外の散水栓は地面との境目が腐る!

苫小牧近郊の30年以上経つ家の主な散水栓は大半が鉄製です。
本来、屋内の水抜き栓に使用されていたものを屋外に埋設したものです。
誰でもわかる通り、土の中に鉄をそのまま埋めると錆びて腐食します。

DSC_0229 (2).JPG
散水栓と呼ばれるものは、給水管と水抜き栓の2本で一組です。
給水管側には、凍結したときにお湯注入のために塩ビ管が一緒に埋めて
あるので錆びるのは大抵、水抜き栓側です。

DSC_0230 (2).JPG

防蝕の処理(防蝕テープ巻き、錆止め塗装など)をしているお宅は
30年経っても大抵は大丈夫なのですが。(錆びても表面だけ)

そこでふと数十年前の職人さん達の合言葉を思い出した。
「その頃はもう時効だべ」・・・確かに!ふらふら

RX2_02.jpg
現在の散水栓は水落とし機能が一体化して「散水栓柱」と呼ばれています。
ステンレス製なので安心です。


posted by sumikawa_bird at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道工事